体臭の原因はストレスにある?体臭改善の前に知っておきたい体臭とストレスの関係

体臭対策というと衛生面や食生活の問題を思い浮かべる方が多いと思います。それは間違いではありませんが、近年の体臭の原因としてはストレス性のものも急激に増えてきており、ストレス社会に生きる現代人はこのことを頭に置いておく必要があります。

ストレスはそのものが臭い物質を増やす働きと、臭い物質を抑える働きを弱めるという二方向から体臭を強める働きを持ちます。まず、ストレスを感じると交感神経が刺激され、怒りや興奮の感情が発生しますが、これはアドレナリンというホルモンの働きによるものです。アドレナリンが分泌されると発汗量が増加し、同時に皮脂分泌量も増加します。そして体内で生成された臭気成分が皮脂に混じって大量に分泌されるため、体臭も強まってしまうのです。

それと同時にストレスはビタミンCなどの抗酸化物質を大量に消費します。抗酸化物質は活性酸素による細胞の酸化を防ぐ物質であり、体内に存在することで様々な組織や成分の酸化を防ぎます。しかしながらこれが不足すると体内で酸化した物質が大量に発生することになり、健康上の問題が発生するだけでなく酸化することで嫌な臭いを発生する物質も大量に産むことになります。ストレスはこの抗酸化物質を消費するので、酸化物質を増加させ臭いの元となります。

ストレスが発生する環境を自分自身が完全にコントロールすることは難しいかもしれません。もしそうであれば、せめてストレスをうまく発散できる趣味などを見つけ、自分なりに処理する手段を用意することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>