体臭を防ぐ食生活、食べ物

大衆と生活習慣には密接な関わりがあり、その中でも食生活は体臭の強さや種類を直接左右する要素になり得ます。体臭の種類にはいくつかありますが、そのいくつかは体内で食べ物が分解されたときに発生する臭気成分によるものです。したがって、体臭が気になる方や体臭がきついと指摘された方は食事にも気を遣う必要があります。

悪臭を発生させる食生活と言えば、やはり欧米型の食生活です。特に脂質過剰は臭気物質そのものを増やすだけでなく、それが体表面に分泌される量も増やしてしまいます。皮膚に無数にある皮脂腺からは保湿のための油が分泌されますが、過剰な脂質摂取を行うと脂質量をコントロールしようと皮脂をたくさん分泌してしまいます。その皮脂内に臭いの成分が混じって分泌されるのと、過剰な皮脂自体が酸化して酸っぱい臭いを発するため体臭が強まります。

酸っぱい臭いのする体臭が強い場合、脂質過剰の食生活を普通に戻すだけでかなり改善しますが、さらに臭いを薄めたいならば食物繊維の摂取が極めて有効です。食物繊維は人間の酵素で消化できない繊維であり、未消化のまま便として排出されますが、その過程で様々な成分を絡み取りながら便へと合流します。

特に粘性のある脂質を大量に絡み取りますし、胃腸内の有害物質も絡め取ってしまいます。また便秘の改善にも大きな効果があり、便が滞留して腐敗し雑菌が繁殖することによる体臭の予防にもなるため、体臭に対して二重に有効と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>